寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

朝風呂はすっきり目覚めるのを妨げる

スポンサーリンク

一日すっきりした気分で過ごすために朝起きたらお風呂に入るという方がいらっしゃいます。
いわゆる朝風呂は身体を温めるので寒い日にはとても気持ちが良いという方もいらっしゃいます。
朝すっきりとした目覚めができるようになるために朝起きた後にお風呂に入ることは役立つのでしょうか?


睡眠を促すことも脳を覚醒させるのも自律神経の働き次第でかわってきますが、身体に温めることは副交感神経の働きを促してしまいます。
このことで脳の働きだけでなく運動機能なども低下させてしまうので、せっかく働きだした身体にとってはマイナスになるのです。
朝すっきり起きることが目的であっても機能低下を促してしまえば逆効果ともいえます。

スポンサーリンク

朝風呂を毎日のように行っている場合は身体が慣れてきていることもあるので生活パターンとして朝すっきりした目覚めができるかもしれません。
しかし、気分で行う不定期な朝風呂は自律神経のリズムを崩してしまう可能性が高いのでお湯につかってしまうことはできるだけ避けなければいけません。
朝風呂をする若者が増えてきている現代で朝すっきり目覚めることが難しい方が多いのは頷けるかもしれません。


大事な日の朝こそすっきり目覚めるために朝風呂を!と考えている方は安易に実行してしまうことを避けましょう。
夜に規則正しくお風呂に入ることで身体を温めることでリラックスして眠れるように意識するなら仕事や学校だけでなく大事な用事がある日も朝からすっきり目覚めることができるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加