寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

朝から歩くことですっきり目覚める

スポンサーリンク

朝から時間があるけどつい二度寝や三度寝をしてしまって起きれば昼前だったという経験をすることが多いという方が沢山いらっしゃいます。
休日の朝などはすっきり起きることを理想としていても身体は思うように起きてくれないこともあるかもしれません。
起床後の運動は目覚めを快適にすることで知られていますが歩くだけでも効果的なのでしょうか?


朝から汗を沢山かくほど走るのが習慣化している方や学生であれば早朝練習などで激しい運動を行っている方も朝から気分を爽やかにするために実践しているかもしれません。
しかし、慣れていない人がいきなり朝すっきり起きるために激しい運動を始めると身体への負担が急に増してしまうので心臓などの循環器系には良くありません。
そこで朝から歩くことで負担を軽減しつつ、脳を活発にすることを可能にします。

スポンサーリンク

歩くことは有酸素運動の一つで朝から行うならドーパミンなどのホルモンの分泌を促し、すっきり起きるのを助けるだけでなく気分も前向きになるのです。
気をつけなければいけない点として起きたらすぐに行うのではなく、目が覚め始めたときにゆっくり始めることを心がけることで脳へ程よい刺激を与えることができます。
寒い日も身体が温まるために無理に動かすことも避ける必要があります。


朝すっきり起きるために夕方歩くことも疲労感を与えると共に運動不足を改善することに繋がり、夜の快適な眠りに導いてくれるでしょう。
朝の歩くことは身体も温まり、脳も活性化するのでゆっくり歩き始めることを意識して続けていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加