寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

朝すぐ起きるために布団から早めに出る

スポンサーリンク

日本の冬は寒いので朝は布団から起きたくないという方は沢山いらっしゃいます。
朝から寒く感じて起きるよりも温かく感じて起きる方がすっきり清々しい一日を送れるという方もいらっしゃいます。
朝早くから出勤、または通学しなければいけない方は特に朝起きるのが辛く思うかもしれません。
朝のすっきりとした目覚めをするために布団から抜け出す方法はあるのでしょうか?


朝の布団の中で避けておきたいことは携帯を使用することです。
ただでさえ温かい布団の中から寒い部屋の空気に触れたくないのに携帯を使ってしまうなら、すっきり起きる前に目が疲れてしまいます。
寝る前の使用は特に避けなければ眠りにつくだけでなく、朝起きたくなくなることもあるのです。

スポンサーリンク

どうしても出たくないという場合は布団の中でストレッチや背伸びをしてみることができます。
ストレッチをするなら布団の中という暖かい状況下で身体の血行を良くするだけでなく、脳を活性化し、すっきり起きる助けになります。
ストレッチや体操を行うことは寝過ごしてしまうことや寝坊をさけることに繋がるので身体を動かすという意識を持つことが必要です。


夏に就寝するよりも冬の方が布団から起きる感覚は異なりますので身体を温めた上でストレッチなどを行う必要があるのです。
部屋自体を暖かくするように暖房を使うことができますが起きる少し前に設定しておくなら効果的ですっきり起きることが気になることはすくないでしょう。
朝は布団から出ることを意識することがすっきり起きられることに繋がるで身体を温めるように心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加