寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

睡眠時から気をつける光の強さ

スポンサーリンク

眠りから覚めやすい体質の方は沢山いらっしゃいますが、特に光に対して敏感な方が目立ちます。
朝からすっきりとした目覚めができるように睡眠環境を整えたいと思っている方もいらっしゃいます。
真っ暗では眠れない方でも眠りを妨げない程度の光が欲しいと思うかもしれません。
寝ている間でも支障のないような光の強さはどれくらいなのでしょうか?


睡眠中に携帯のメール着信画面の明るさで目が覚めてしまったことがあるのではないでしょうか?
日中は着信画面自体は強いと感じることは少ないですが、寝ているときに顔の近くに置いているなら暗い中では強さが一層強く感じるかもしれません。
このように寝ている間でも目は微かな光にも敏感なので、光を発することができるものは寝る際だけでも自分の周りに置かないようにすることで朝すっきり起きるために眠りを妨げられずに済みます。

スポンサーリンク

寝ている間に点けておくと良いとされているのは間接照明です。
特にタイマーがついている間接照明は眠りにつきやすい光を供給し、ある程度時間が経てば明かりが消えるので夜ぐっすり寝ることを補助してくれます。
明かりが近いと間接照明でも強く感じてしまうことがあるので遠くに置いて光を弱めるなら寝つきも良くなるかもしれません。


すっきり起きるには寝ている間も目にとって刺激が少ない環境づくりを心がけるなら睡眠障害も改善されるかもしれません。
目の近くで急に光るものを置かないようにすることも眠りを妨害されずに朝すっきり起きることに繋がるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加