寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

目覚め方を左右する光の受け方

スポンサーリンク

夜寝る前にテレビやパソコンなどを利用して眠気がきたら寝るようにしている方は少なくありません。
多くの場合、翌朝目覚めたときは目が重く感じ、すっきりとしない朝を迎えてしまうことがほとんどです。
逆に夜に強い明かりを受けることなく朝起きたあとに太陽の光を浴びるならすっきりとした気持ちになる方もいらっしゃるでしょう。
就寝前や起床後に受ける光は私達の体にどのような影響を与えているのでしょうか?


朝の目覚めがすっきりなるためには寝ている間に光を感じることは睡眠を妨げることがありますが、起床時や就寝前も関係しています。
就寝前にテレビやパソコンの画面を長い時間見ることは目が光を感知するので脳にとって強い刺激になり、眠りにつきにくい原因になります。
朝すっきり起きられないという方で就寝前に眠くなるまで画面に向き合っているなら生活と見直す必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

起床時は逆に朝すっきり起きるために光が身体にとってプラスの働きをしてくれます。
太陽の光を朝から浴びることは脳を覚醒するのを促進するため、すっきりとした目覚めが可能になるのです。
そのため、部屋の位置も考慮に入れるなら日の光が入る時間帯に合わせて快適な朝を迎えることができるかもしれません。
光が強すぎると感じる場合でもカーテンやブラインドをかけるなら程よい光を感じることができます。


すっきりした目覚めとなるように就寝前に目にとって強い刺激となるテレビやパソコンの見すぎには注意することが必要になるでしょう。
起床しやすくするためにも部屋の位置を見直し、太陽の光を浴びるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加