寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

寝る前の自己暗示で朝快適に起きる

スポンサーリンク

寝ることが好きな方は沢山いらっしゃいますが、朝起きるのが好きな方はほとんどいらっしゃいません。
朝起きることが嫌な原因として目覚めがすっきりしないことや一日の活動に対して緊張することやストレスを感じてしまうことが挙げられます。
快適な朝を迎えるために様々な工夫をしてきても上手くいかない時は朝を迎えたくないと思ってしまうかもしれません。
今回はすっきり朝起きるためにできる自己暗示について取り上げてみましょう。


自己暗示と聞くと本当に信頼できるのか心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、自己暗示をするときには他人から暗示をかけられるのではないので安心して行うことができます。
暗示といっても言った言葉を脳に思い込ませることで暗示をかけるので自分で本当にそうなると信じ込むことが必要になります。
一度言うだけでは効果は出ないので繰り返し同じ言葉で言うことが不可欠です。

スポンサーリンク

寝る前に行えることとしては起きたい時間について言葉に出して言い、言った後も眠りに就くまでひたすら繰り返すだけで暗示をかけることができます。
朝起きるために何時間寝て何時に起きるか明確にしておくなら身体もその時間に起きるよう脳が働くのです。
重要なことがある日にしっかり起きることができるのはこのような暗示を無意識に行っていることが影響していたのです。


朝起きるために自己暗示をかけることは寝る前に言って眠りに就くまで意識し続けるだけで済むので実践しやすいのが特徴です。
繰り返し行うことと毎日行うことで自己暗示にかかりやすくなるので最初のうちは上手くいかなくても焦らず続けていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加