寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

寝る前の筋トレで快適な朝を!

スポンサーリンク

夜に良く眠れないから朝もすっきり起きられなくて悩む方は沢山いらっしゃいます。
休日に家で何もしていないときは身体も疲れていないので眠りに就くのが難しいと感じるときがあるかもしれません。
そんなときに寝る前の運動や筋トレを行って朝すっきり起きようと考え付く方もいらっしゃいますが、ただ疲労感を残さないためにはどのようにできるでしょうか?


朝すっきり起きるためには夜ぐっすり寝ることが欠かせませんが、筋トレのしすぎには気をつけなければいけません。
身体に程よい疲れを与えるためには軽度の筋トレを意識することが最適といえます。
激しい動きは血流が上がるだけでなく、脳の活動を活発にしてしまうので体温を上げて疲労をさせるという目的だけでは激しい筋トレを行うことは避けなければいけません。

スポンサーリンク

軽度の筋トレを行う上で身体を大きく反動させずにできる動きを含めておくなら疲労を溜め過ぎず、朝すっきり起きる秘訣になります。
体幹を鍛える動きが含まれている場合は乳酸が溜まるのを感じることができ、布団に入ったときにリラックスしやすく眠りに就くのを助けてくれます。
一度だけではなかなかぐっすり眠れないこともあるので数セットやってみるなら程よい疲れを感じ、眠気を誘うかもしれません。


筋トレのリスクは、負荷が大きいと疲労や筋肉痛で翌朝すっきり起きるのが難しくなることですが、適度な疲れを与えるために寝る前に軽度で行うように意識しましょう。
十分に身体が疲れている場合は筋トレよりはリラックスするためにストレッチなどもできるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加