寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

目覚まし時計で朝もすっきり目覚める

スポンサーリンク

朝から起床する際に目覚まし時計や携帯のアラームアプリを使っている方は沢山いらっしゃいます。
目覚めるためにセットしていても、いざ起きなければいけないときには解除してしまって二度寝することが少なくありません。
すっきり起きるには目覚まし時計をどのように使うと起床しやすくなるのでしょうか?


目覚まし時計を毎朝聞くのが嫌になっていることがよくありますが、寝る前にベッドの横の手に届く範囲に置いているかもしれません。
冬の寒い時期などは特に布団から出たくないので何度もスヌーズさせて寝過ごしてしまうことも頻繁にあるかもしれません。
そのため、目覚まし時計を位置させておく場所を変えてみることができるかもしれません。

スポンサーリンク

手に届く位置にあって音がうるさいから起きるのが辛く感じる場合はベッドから出ないと止めることができない場所に置くことができます。
すっきりとした朝を迎えるためには布団の中から出ることで身体を動かし始める必要があるのです。
目覚まし時計の置き場次第で目覚め方も変わってくるので寝る前のセットが重要になります。
最近は動く目覚まし時計や飛ぶものなど様々な工夫が施してあり、いつも使っているアラームに飽きてしまったなら試してみることもできます。


朝すっきり起きるためには目覚まし時計で毎朝イライラしていた方でも置く場所を変えてみるだけで目覚め方が違って感じるかもしれません。
音が聞こえる範囲で、かつベッドから起きなければならない位置に置いてみましょう。
工夫しても朝すっきり起きられない場合は睡眠時間を計算してアラームが鳴る時計もあるのでチェックしてみることもできるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加