寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

良質な睡眠は下着にも影響を受ける

スポンサーリンク

寝るときにぐっすり寝て快適に朝起きることだけを気にして身の回りの睡眠環境のみを改善している方がいらっしゃいます。
睡眠障害などを抱えていても症状の改善を優先させてある点を見落としていることもあります。
あまり気にしないことで睡眠を不快な状態にしているものとは何なのでしょうか?


すっきり朝起きるために必要なことは質の良い睡眠を心がけることですが、布団や枕、部屋の状態などのほかに重要なことといえば下着です。
これは男性も女性も当てはまることで、下着が身体に合っているかどうかで睡眠の質が大きく変わってきます。
特にパンツのゴムやブラジャーはすっきり朝起きるのを妨げる恐れがあります。

スポンサーリンク

これらの下着に共通していえるのは身体を締め付けるということです。
身体を締め付けることは血液の流れを悪くさせ、睡眠中の体温の変化を鈍らせてしまいます。
寝ている間は体温が下がるので締め付けている部分があるとスムーズに低下させることを妨げ、快適なまま朝起きることが難しくなります。
下着だけでなく、パジャマなど重ね着をすることも睡眠の質を悪くする原因にもなるので注意する必要があります。


男女関係なく寝るときにどのような下着をつけるのか考えなければ朝起きるのが辛くなるかもしれません。
締め付けるような服装よりもゆったりとした開放的な服装や下着を着るように意識することが良質な睡眠を促すことに繋がるでしょう。
今まで下着をあまり気にしていなかった方はチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加