寝起きが悪い人が寝起きをよくする方法、朝スッキリ目覚める方法なら

睡眠時間を意識して起床もすっきり

スポンサーリンク

朝からよく寝たと思えるような睡眠をしたいという方は沢山いらっしゃいますが、夜遅くまで仕事をしなければいけないことや日の出前から出勤しなければいけないことも少なくありません。
睡眠が身体にとって大事ですが、何時間ほど眠れば身体に無理をかけずに済むのでしょうか?
朝すっきり起きるための秘訣として睡眠時間について取り上げてみましょう。


睡眠中は眠りが浅い時と深い時があり周期的に繰り返されていますが、その周期が快適に起きるためのカギになっているのです。
寝始めてから2周期は眠りが深くなるので、その周期の時に起きてしまうことを避けるなら良く眠れたと感じることができるかもしれません。
1周期あたり個人差はありますが2時間程度で繰り返されるので短時間で起床してしまうことはすっきりとした朝を迎えることはできません。

スポンサーリンク

中には長い時間眠らなくても平気な方はいらっしゃいますが、多くの方は適した睡眠時間をそろぞれ把握しておくなら朝すっきり起きられることが増える可能性があります。
周期を考えて起きる場合は5時間以上の睡眠を心がけるなら睡眠が浅い状態ですっきり起きやすくなります。
睡眠時間が定まっていない場合はどのくらいの時間で起きたら爽快に感じたか意識しておくことができます。


目覚めが快適になるように、短時間の睡眠しかできていなかった方はできるだけ睡眠時間を増やすようにしましょう。
科学的には最適な時間は定められていませんが、自分が朝すっきり起きられたと感じる時間を覚えておくなら目安となるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加